ブログトップ

gogo竜&颯

ryoutarou.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

had a very merry christmas !

皆さん、いかがでした?

サンタさんは、来ましたか?

我が家にも、例外無く来ましたよ〜!

a0091605_2385058.jpg


プレゼントの内容は…秘密です。



さてさて、そんな聖なるイブの我が家のパーティ!

内々ではありますが、盛大に盛り上がりました!!

毎年の様に、頑張ってくれる我が家のMam手作り料理!

a0091605_2391768.jpg


a0091605_23103488.jpg
a0091605_23104629.jpg

[PR]
by trykb-ts | 2009-12-26 23:13 | 脊髄損傷と共に…

贅沢だぁ〜

先日、竜太郎のJW同僚(?)にお誘い頂き、とあるテニスイベント
に参加して参りました。

NEC 全日本選抜車いすテニス選手権大会!の前座に、ある「こど
も車いすテニス体験教室」です!

場所は、千葉県柏市
9:00イベント開始!

「……」(早い…)

厚木からだと…
7時には、出発…

でも、最近の竜太郎と颯之介は、やたらとテニスを、やりたがって
おり、何故か朝起き抜けに
「おとうちゃん!テニス行こう!」
「…」
と、こんな感じの朝が、しょっちゅうです。

そんな訳で、何とか寝坊もせずに行って参りました。

予定時刻の15分前に到着して、受付を済ませ竜太郎の同僚Iさんご夫妻
と合流。

早速、会場に!
何と!初!室内です。二人とも、おおはしゃぎ!

a0091605_23132539.jpg


4面程あるコートに、だいたいの年齢別に振り分けられました。
勿論、二人とも最小チーム。

しばらく、我々大人も加わり、楽しんでいたら…

a0091605_2317629.jpg


何と、以前JWのイベントでお会いしました「国枝選手」が、やっ
て来て下さいました。
そして、ず〜〜と竜太郎達のチームで、ご指導頂き子供達は大変
楽しかったようです!
a0091605_2320547.jpg


a0091605_23263350.jpg


そしてイベントも最終コーナーに差し掛かった、その時…
事件は起きました…
突然の竜太郎の戦線離脱…
原因は…
「トイレ」です。

用を足し、竜太郎とイベントに戻った時には…
時既に遅し…

終了。。。

とっても、楽しみに来ていた竜太郎には…
かなり、ストレスが溜まる終わり方で…

イベント終了後の、国枝選手との撮影会でも…
a0091605_23285434.jpg


ピースサインは、したもののの…
チョット半べそ気味でした…


しか〜〜し
そこで、救世主登場でっす!

何と、そんな竜太郎を見て、隣りにいらした国枝選手が
「チョット、外で遊んで行こうよ!」
と、何とも有りがたく光栄な一言!
勿論、竜太郎は二つ返事で
「うん!」
早速、国枝選手の粋な計らいにより外のコートへgo!

a0091605_23385651.jpg
a0091605_2339798.jpg


いやぁ〜何度見ても

贅沢だぁ〜〜

いわゆる、
健常なテニス界では、フェデラー選手のプライベートレッスン
スケート界では、キムヨナ選手のプライベートレッスン
POP MUSIC界では、マイケルジャクソンのプライベートレッスン
野球界では、イチロー選手、松井選手のプライベートレッスン

そうなんですよね〜世界一のプライベートレッスンなんですよね〜

何とも素敵な、一時でした。

ちなみに、私もかなり贅沢な一時を体験致しました。

a0091605_23443927.jpg


写真の右上で、車いすに乗り世界一のサービスを体験しました!
と言っても、怪我の療養中の国枝選手です、3割程度の力加減で
しょうかね〜
しかし…
数球受けただけで…

手が…

ジンジン…

久々に、自分に悔しかったです…
情けない…


最後に、いつかこんな光景が見れると良いなぁ〜
国枝選手 VS 竜太郎
a0091605_23474487.jpg


粋な計らい頂きました、国枝選手
ありがとうございました!
そして、御声掛け頂きました Iさんご夫妻
本当に本当にありがとうございました!
また次回宜しくお願いします。
[PR]
by trykb-ts | 2009-12-17 23:51 | 脊髄損傷と共に…

SURFice dog

今日は、余り良い天気では無いですね…

昨日までの、暖かさが打って変わって一変。

そんな、寒い中も竜太郎と颯之介は元気一杯で保育所に

行きました。


そんな中、頑張っている竜太郎の友人の動画がyou tube

で、公開されていましたので紹介しま〜す!

何だか、とっても大変な事をしてる動画なのですが…と

っても幸せな気分になれて、とっても勇気付けられます!



[PR]
by trykb-ts | 2009-12-09 09:38 | 脊髄損傷と共に…

たのむ〜

さてさて、またまたips細胞関連ニュース!

科学の進歩は、早いっ!!

はず…

頼む!科学者!


だから、予算減らすなぁ〜〜〜!

行政刷新委員会〜〜!!


iPS培養、本人の細胞で 京大、病原体感染リスク軽減
 京都大学の山中伸弥教授、高橋和利講師らは臨床応用を安全に進めやすい新型万能細胞(iPS細胞)の培養法を開発した。培養皿に敷き必要な成分を供給する「フィーダー細胞」として人間の皮膚細胞を使う。従来のようにマウスの細胞などを使わず、本人の細胞だけでiPS細胞を作製・培養できた。未知の病原体への感染懸念などが減り、将来の再生医療への応用に一歩近づく。
 成果は米科学誌プロスワン(電子版)に2日、発表した。培養皿に敷くフィーダー細胞として、0~73歳の4人の皮膚からとった線維芽細胞を使った。
 4人の線維芽細胞をそれぞれ2つに分け、一方をフィーダー細胞として使用。もう一方には必要な遺伝子を入れてiPS細胞を作り、それをフィーダー細胞に載せて実験した。いずれもiPS細胞は正常に増え、様々な細胞に成長する能力も維持していた。この方式なら本人の細胞だけでiPS細胞を作り、増やせるので安全性が高い。
[PR]
by trykb-ts | 2009-12-02 15:26 | 脊髄損傷と共に…

from Grand Canyon


いいニュースですね〜

チョット、ニュースの抜粋で、そのままなので…
長い…かな…

a0091605_9133262.jpg


Growing up in Southern California, Tom Hampton excelled at the sports that would ultimately shape his life – snow skiing, water skiing and surfing. He played football for 10 years and received his Red Cross advanced first-aid card at 13 so he could be on the National Ski Patrol as a junior patrolman.
The taste of rescue led him to a career as a firefighter. For 30 years, he was able to help others in dire situations.

Tom Hampton of San Clemente, who suffered a spinal-cord injury in a paragliding accident in 2007, is pictured at the Grand Canyon on his recumbent cycle.
COURTESY PHOTO

ADVERTISEMENT
More from San Clemente
San Clemente likely to get new mayor Tuesday night
2 hours & 4 minutes ago
Intersections get closer look in downtown San Clemente
San Clemente gas prices are stable
2 hours & 5 minutes ago
Angel Tree: Take an ornament, give a gift
Poverty figures rise among O.C. schoolchildren
He began paragliding at 45, advancing to the top of the sport and becoming a tandem instructor with the U.S. Hang Gliding and Paragliding Association.
But one sunny day in August 2007, after seven years of flying, he crashed. The injuries he suffered from his 50-foot fall from the sky changed his life forever. But he hasn't given up.
Here's a closer look:

Q. What injuries did you suffer?
A. I suffered multiple fractures, head trauma and serious injury to my spinal cord. Not only did I lose participation in all my physical sports, this would be the accident that ended my beloved career in the fire service. I have escaped death many times, both on and off the job, but never have I been so close to not coming back than after crashing my paraglider.
Q. What was recovery like?
A. The two weeks I lay unconscious in the ICU fighting for my life put my wife, Patricia, through something I would not wish on anyone. Patricia has been by my side supporting me through it all – the first three weeks in the hospital, followed by another month in an acute inpatient rehabilitation facility, then starting outpatient physical therapy three days a week to rebuild my broken body. Yet somehow it just wasn't enough. We were struggling and determined to find focus and direction toward my physical recovery that the medical community seemed unable to give. Then, six months post-injury, we found Project Walk (a Carlsbad-based nonprofit organization that provides exercise-based recovery programs, education and support for people with spinal-cord injuries).
Q. How has Project Walk helped?
A. It has given me hope, motivation and guided the rebuilding of my strength and mobility. Training at Project Walk has helped me to grow both physically and emotionally. I feel I will be able to help others again someday. Project Walk's program and philosophy are unique and just not available anywhere else.
Q. What's the message to others you want to send?
A. No matter how determined you are or how hard you work, you cannot rush or hurry nerve regeneration. But you can condition your muscles to fight off atrophy and to stimulate the nerves, giving them a path to rebuild. My body seems to continue to regularly regain sensation and function. I need constant fine-tuning, adjusting my workout routine to successfully guide the development of my ambulatory muscles and nerve regeneration. I have been working out at Project Walk for 1½ years in two-hour sessions two days each week. Project Walk has opened my eyes to hope and strength, giving me an opportunity to inspire people around me.
Q. What's ahead?
A. There is no greater feeling or reward than to save someone's life. I strive for the opportunity to make a difference in people's lives again. I've never been a person big on crowds or fanfare, but my rock-solid desire to help others has always been true. My goal and reward in life is to help and serve others.
Q. What's the most challenging thing for you?
A. Every day is a challenge. To resume a productive life, you have to do things differently than before. The natural ability now requires thought and drive.
Q. Any words of advice for someone with similar issues?
A. Get up, dust yourself off and get going. Running begins with a first step.
[PR]
by trykb-ts | 2009-12-01 09:17 | 脊髄損傷と共に…