「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

go!go!竜太郎。脊髄損傷と共に…

ryoutarou.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ただいまぁ〜

いやぁ〜〜何とか、かんとか今回の武者修行も無事に完了しました。
2006年の夏の、あの事故以来毎年の渡米をやって参りましたが、お
そらく今回が、最後の渡米に成るかと思います。
何と言いましても、来月より竜太郎は、何と一年生ですから!
早いものです…

さてさて、そんな訳でアメリカ武者修行の報告は又次回に書きますが
今回は、岐路のロスの空港でこんな事がありました編です。

レンタカーを借りてましたので、当然のごとく返却に向かいました。
返却口にて、いつもの様に手続きをしておりましたら…
何だか、その辺にいたレンタカー会社のスタッフが何か言ってます…
あぁ〜面倒な事言われなきゃ良いけどなぁ〜と思いつつ…訪ねると。
空港まで乗せて行ってくれると言うのです…
はて?何の事やら?
そんなサービス頼んだ覚えないけど…と思いつつ、また何時もの親切
なフリして、お金でも取ろうって魂胆か?など頭をよぎりましたが…
何人もスタッフが居るその場で、んな訳ないよな…と思い直し、何故
かと訪ねると、車椅子利用者が乗っていて、こんなに荷物があるから
運転して空港まで行ってくれると言うのです。
半信半疑でしたが、ありがたい申し出を断る理由は無く(チョット不
安でありましたが)「ありがとう」と言い、乗せて行って貰いました。
突然の好意に、チョット疑った自分を反省しつつ、何とも快適な空港
連絡でした。
それにしても、恐らく突然の彼らの機転なのだと思いますが、何と素
晴らしい発想なのだろうと、毎度の事ながら本当に関心してしまいま
す。

余談ですが、帰国後の成田で車を駐車場に預けてましたので、駐車場ま
での連絡バス乗り場にて乗り込む時、チョット荷物が多かったのでカー
トで乗り場まで行っていたのですが、横には車椅子の竜太郎と家内は颯
之介を抱っこしておりました。
日本の連絡バスなどには、車椅子用のバスなどは無く竜太郎を抱えて中
に連れて、それから再度荷物の所にと言った慌ただしいタイミングなの
ですが、迎えに来ていた運転手の方が一言…
「荷物カートから降ろして貰えます?」
手が足りないので、手伝って下さいと言うと「あぁ〜〜」だって…
決して比べてはいけないのだろうけど、ロスのバス乗り場や電車乗り場
では、大きな荷物を持っている人が居たら車内から、わざわざ乗客の方
が降りてきて手伝ってくれる事は、ほぼ当たり前です。
そこまで、無くても良いからせめて、仕事の方は気遣いが欲しいです。

さてさて余談でしたが、そんな訳で空港まで快適に行けたのですが、今
度は、受付カウンターで順番待ちしている時…
辺りの人たちが、驚いて注目する程大きな声で遠くから声を掛けられま
した…
あぁ〜〜また何かしたかなぁ…と、ため息ながら、「何?」と聞くと…
「その子の、名前は何て言うんだ?いくつだ?」
と聞いてくるのです。竜太郎もそれくらいの質問には答えられるので、
自分で「りょう。6歳」と答えると…
「お前は何て素晴らしいんだ!かっこいいぞぉ〜」と、それはそれは大
声で言うのです…
若干引き気味に、我々はありがとう…と言い、その彼はどっか行ってし
まいました。
何だか訳が分からない、一瞬の出来事でしたが、少し経って考えると、
やっぱり素晴らしい行いだと関心させられました。

普通例えば車椅子に乗っている子供が居て、とても元気そうに軽やかに
車椅子を乗りこなしていても、心の中で「あの子、すごいなぁ〜」とは
思えても声に出したり、ましてや本人にその気持ちを伝えるなどは、思
いも付きません…
それを、淡々と当たり前の様にごく自然にやってしまう国民性の様な物
は、本当に真似出来ないと思う反面、出来たらどんな気持ちだろう…と
複雑な気持ちになりました。

竜太郎達が、大きくなった未来では幾らか、近づける世の中に成ると良
いですね!

長い!ですよね…
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。

a0091605_014595.jpg

[PR]
by trykb-ts | 2010-03-21 00:23 | 脊髄損傷と共に…

頑張れ!厚労省!

厚労省研究班、iPS細胞の再生医療応用で安全指針案

厚生労働省の研究班(主任研究者・早川尭夫近畿大薬学総合研究所所長)は、新型万能細胞(iPS細胞)などを再生医療に応用する際の安全指針案をまとめた。企業や研究機関が薬事法に基づく臨床試験(治験)をする時に使う細胞の作製法や管理法、確認事項などを定めた。副作用や発がんなどのリスクを最小限に抑えるのが狙いだ。

厚労省はこれをもとに2010年度内にも正式な指針を決める。iPS細胞を対象にした安全指針作りは世界でも日本が先行するという。
[PR]
by trykb-ts | 2010-03-16 16:13 | 脊髄損傷と共に…

所変われば…

さてさて、今回の渡米のトレーニングも終わりに近づきました。

なかなか初日は、時差ぼけもあったのかな…
上手く調子が乗らなかったのですが、2日目からは順調に行きま
した。

やはり、気分に左右されるリハなどは、時々リフレッシュする為
にも場所を変えたり、風景を変えたりの工夫が必要かな〜

まぁ何がともあれ、順調です!

a0091605_1442652.jpg

[PR]
by trykb-ts | 2010-03-09 14:42 | 脊髄損傷と共に…

成長したなぁ〜

いやぁ〜〜〜
我が子も、大きくなったなぁ〜と感じた一日でした。

今年、小学校入学の竜太郎なのですが、いつまでも小さい子供のまま
かと思っておりましたら…


本日、滞在先のホテルから10分程のところに、チョットした遊園地ら
しき所があり、遊びに行ってきました。
前回渡米した際にも、あちらこちらとテーマパークらしき所には足を
運んだのですが、おおよそ遊具に乗れる身長では無く、園内をフラフ
ラと散歩する程度だったのです。
そんな訳で、今回も小児用の遊具で適度に遊んで帰ろうかと思ってお
りました所…

何と、おおよそ危険な乗り物以外には、全て乗れるだけの身長になっ
ているでは、ないですか!

成長したなぁ〜〜

と、しみじみ感じました。

という事で、何と今回初のジェットコースターに挑戦しました!
もしかすると…乗る直前で止められるかなぁ…と内心思っておりまし
たが…何の事はなく、普通に乗せてくれてました。
とは言え、肝心の本人が、どうかなぁ…と、横でドキドキしておりま
しら…最初は…強ばった表情で最初の滑降に入った後は、何と手まで
上に上げて、すっごく楽しんでました。
調子に乗って、ワンランク上のコースターにまで挑戦して楽しんでま
した。

それと、とっても感激した事がありました。
何と、ジェットコースターでも飽き足らず、ゴーカートにまで挑戦し
たいと言い出しました…
さすがに…アクセルとブレーキが…
と思いながら、どうしても本人が出来ると言って聞かないので、渋々
スタッフの方に断られるのを覚悟にて交渉しに行ったら…何のためら
いもなく、OKの二つ返事!
どうして、足が動かずアクセルはおろかブレーキすら踏めないと説明
し、でも本人は今なら出来ると言っていると説明してOKと言えるのか
…ダメだったらコースから連れてくるからと言ってくれて…
正直どういった思考回路なのだろう…と思いました。
が、もちろん竜太郎の様な人にとっては、何てすばらしい考え方で、
接し方なのだろうと、つくずく文化の違いを感じました。
(文化の違い程度の言葉で片付けてしまって、良いのだろうか…)

そんな訳で、早速ゴーカートに乗車させて、恐る恐る…見ていました
ら…

何と本当に、ゴーカートが動き出したのです!
我が目を疑いました…
そして、とっても誇らしげに運転する竜太郎を見て感動を通り越した
ものを感じました。

ほんの数十メートルでしたが、とっても素敵な夢を見させてもらいま
した。
止まってしまった竜太郎のカートに近寄って、最初に言われた通りに
そこで終わりかと思っていたら…
何と、しばらく竜太郎の状況を見て、本人の足を横で押さえてスタッ
フがカートに股がり結局最後まで走らせてくれました。

感激の余り、言葉もありませんでした。

竜太郎に取っても我々にとっても、忘れらない素晴らしい思い出にな
りました。


さてさて、もう一人忘れてはいけない次男坊が…
こちらも、しっかり成長してました!
前回は、全く何一つ乗れなったのに、数種類の遊具で楽しみました!
こちらも、しっかり成長してます!

a0091605_14343092.jpg
a0091605_14351657.jpg

[PR]
by trykb-ts | 2010-03-05 14:38 | 脊髄損傷と共に…

from San Diego

さてさて…

サボリ癖が付くと…

そんな訳で、久々なのですがアメリカからのレポートです。

えっっ?なんで?と思われそうですが、実は昨年末に毎年
恒例のproject walkリハビリに諸事情により行く事が出来
ず、竜太郎の就学の事などあり、この時期に行く事になり
ました。
と言っても、昨年程の中期では無く、今回は2週間の短期
でのトレーニング修行です。
先週末にカリフォルニア入りして昨日早速トレーニングに
行って参りました。

とりあえず、画像アップです!

a0091605_1521630.jpg


なかなか、更新が途絶え気味ですが…がんばります!
[PR]
by trykb-ts | 2010-03-03 15:22 | 脊髄損傷と共に…