ブログトップ

go!go!竜太郎。脊髄損傷と共に…

ryoutarou.exblog.jp

タグ:Ips細胞 ( 7 ) タグの人気記事

ガンのリスク減る?

へぇ〜

ガンのリスクが減るんだぁ…

フムフム…

a0091605_913428.jpg



発がん性リスクが減るとなると、壁は大きく超えたかな?

一日でも早く、患者に届くといいなぁ…

以下、転記です。


 iPS細胞の発がん防ぐ新製法 山中教授ら再生医療へ一歩

 京都大学の山中伸弥教授らは新型万能細胞(iPS細胞)を再生医療に応用する際、発がんしないようにする新しい方法を開発した。皮膚細胞などに従来とは異なる遺伝子を入れてiPS細胞を作り、がんのもとになる細胞を排除する。新製法で得られたiPS細胞から心筋や神経、網膜などの細胞を作って移植できれば発がんリスクが大きく低下し、安全な再生医療に道を開くとみている。

 新しい方法はiPS細胞の作製効率も最大で10倍に高まる。産業技術総合研究所との共同成果。英科学誌ネイチャーに9日、掲載される。

 理化学研究所のチームはiPS細胞から作った網膜細胞を、失明の恐れもある目の難病「加齢黄斑変性症」の治療に使う臨床試験を2013年をメドに始める計画。山中教授らが開発した新製法で作ったiPS細胞の利用も検討するという。

 iPS細胞は山中教授が世界で初めて作製に成功。「山中因子」と呼ばれる3~4個の遺伝子を入れて作る。しかしこの方法で作ったiPS細胞を様々な細胞や組織に育てると、がんができる例が多く報告され、再生医療への応用に向け大きな妨げになっている。

 山中教授は山中因子のうち、がんとの関連が指摘される遺伝子の代わりに「Glis(グリス)1」遺伝子を使った。産総研のデータベースをもとに、1437種類の遺伝子から探しあてた。未受精卵で活発に働き、従来詳しく調べられていなかったという。



新たに作製に成功したより安全なiPS細胞(前川桃子京都大助教提供・共同)
 この遺伝子を使うと、うまくiPS細胞になれない不完全な細胞に作用して増殖を防ぎ、死なせることを突き止めた。不完全な細胞はiPS細胞と簡単に見分けて分離するのが難しく、そのまま成長するとがん細胞になりやすいことがわかっている。Glis1を使ってiPS細胞を作れば、発がんの要因を除ける。

 新しい作製法で、iPS細胞の作製効率は最大で従来の約10倍に高まった。従来の4つの山中因子にGlis1を加えた場合も不完全な細胞は除去でき、作製効率は従来の4倍に向上した。

 山中教授は「Glis1は“魔法の遺伝子”といえる。臨床応用に大きく前進した」と自信をみせる。ただ遺伝子を入れる運搬役に使ったウイルスが発がんの引き金になる恐れが残るため、代替法の利用研究も進める。

 iPS細胞を使った脊髄損傷治療の研究に取り組む慶応大学の岡野栄之教授は「運搬役を変えても同様の結果を示せれば、再生医療に適したiPS細胞の作製法の完成度が高まる」と指摘。心臓病への応用を目指す大阪大学の澤芳樹教授は「安全性を高める点で重要な成果。こうした研究を積み重ねれば臨床応用で欧米をリードできる可能性がある」と評価する。



よ〜〜〜し、その日までに…

スコア100超えるぞ〜〜〜〜

a0091605_914979.jpg

[PR]
by trykb-ts | 2011-06-09 09:16 | 脊髄損傷と共に…

竜太郎の未来は?

何とも、希望に満ちたニュースです。

竜太郎が、大変お世話になっている方からの情報です。

S先生いつも気に掛けて頂き本当に、ありがとうございます。


   人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って、脊髄(せきずい)損傷
   で首から下がまひしたマーモセット(小型サル)を飛び跳ねられ
   るまでに回復させることに成功したと、岡野栄之(Hideyuki Oka
   no)慶応大学教授らの研究チームが8日発表した。

   脊髄を損傷した小型霊長類がiPS細胞による治療で回復した事例は、
   世界で初めてという。岡野教授のチームは、脊髄損傷マウスをiPS
   細胞を使って回復させた実績を持つ。

   研究チームは、4種類の遺伝子を人間の皮膚細胞に導入してiPS細
   胞を作製。最も効果的なタイミングと考えられる脊髄損傷後9日
   目のマーモセットに、iPS細胞を投与した。

   このマーモセットは投与から2~3週間以内に、手足を動かせるよ
   うになった。6週間後には、飛び跳ねることができるようになった。
   前脚の握力も80%まで回復し、正常な身体機能に極めて近い状態
   まで回復したという。

   岡野教授は、今回の結果について、iPS細胞を使った医療の実現に
   向けた大きな前進だと話している。

[PR]
by trykb-ts | 2010-12-14 19:57 | 脊髄損傷と共に…

つっ…ついに、来たか!

               
  アメリカのバイオテクノロジーのベンチャー企業が、人のさまざまな
  組織や臓器の基になるとされる「ES細胞」を使った臨床試験を世界
  で初めて始めたと発表し、今後、議論を呼ぶことになりそうです。



との、報道がされてました。

いよいよ、来たか〜〜って感じです!


全文記事とNHKのニュース動画が、こちらから見れます。  

NHK報道画像
[PR]
by trykb-ts | 2010-10-12 09:41 | 脊髄損傷と共に…

頑張れ!厚労省!

厚労省研究班、iPS細胞の再生医療応用で安全指針案

厚生労働省の研究班(主任研究者・早川尭夫近畿大薬学総合研究所所長)は、新型万能細胞(iPS細胞)などを再生医療に応用する際の安全指針案をまとめた。企業や研究機関が薬事法に基づく臨床試験(治験)をする時に使う細胞の作製法や管理法、確認事項などを定めた。副作用や発がんなどのリスクを最小限に抑えるのが狙いだ。

厚労省はこれをもとに2010年度内にも正式な指針を決める。iPS細胞を対象にした安全指針作りは世界でも日本が先行するという。
[PR]
by trykb-ts | 2010-03-16 16:13 | 脊髄損傷と共に…

たのむ〜

さてさて、またまたips細胞関連ニュース!

科学の進歩は、早いっ!!

はず…

頼む!科学者!


だから、予算減らすなぁ〜〜〜!

行政刷新委員会〜〜!!


iPS培養、本人の細胞で 京大、病原体感染リスク軽減
 京都大学の山中伸弥教授、高橋和利講師らは臨床応用を安全に進めやすい新型万能細胞(iPS細胞)の培養法を開発した。培養皿に敷き必要な成分を供給する「フィーダー細胞」として人間の皮膚細胞を使う。従来のようにマウスの細胞などを使わず、本人の細胞だけでiPS細胞を作製・培養できた。未知の病原体への感染懸念などが減り、将来の再生医療への応用に一歩近づく。
 成果は米科学誌プロスワン(電子版)に2日、発表した。培養皿に敷くフィーダー細胞として、0~73歳の4人の皮膚からとった線維芽細胞を使った。
 4人の線維芽細胞をそれぞれ2つに分け、一方をフィーダー細胞として使用。もう一方には必要な遺伝子を入れてiPS細胞を作り、それをフィーダー細胞に載せて実験した。いずれもiPS細胞は正常に増え、様々な細胞に成長する能力も維持していた。この方式なら本人の細胞だけでiPS細胞を作り、増やせるので安全性が高い。
[PR]
by trykb-ts | 2009-12-02 15:26 | 脊髄損傷と共に…

やっぱ、はぇ〜〜!

 【ケープカナベラル(米フロリダ州)=増満浩志】オバマ米大統領は9日、さまざまな臓器の細胞に変化する、ヒト胚(はい)性幹細胞(ES細胞)の研究を推進するため、連邦政府の助成を解禁する大統領令に署名した。


 前政権下で抑制されていた研究が一気に加速し、景気刺激に役立つとの期待も高まっている。オバマ大統領は「多くの研究者、医師、患者らが(前政権の)8年間、必死に求めてきた変革を実現しよう」と訴えた。

 ES細胞は、脊髄(せきずい)損傷やパーキンソン病など難病治療に役立つと期待されているが、受精卵を材料にして作る。このため、キリスト教保守派を支持基盤に持つブッシュ前大統領は「生命の破壊だ」として、助成を非常に厳しく制限していた。

 皮膚からES細胞に近い性質を持つiPS細胞を作製した、山中伸弥・京都大教授も署名式典に招かれた。


こりゃぁ アメリカまで手術行かなならんかいな…
費用ってバカ高いっちゃろうね…
一日でも早く臨床に行って欲しい…
一日でも早く慢性期の患者まで届けて欲しいなぁ…
[PR]
by trykb-ts | 2009-03-13 09:29

日々進歩…

先日ips細胞に関する、ニュースをチラッと見ました。
特許がどうとかこうとか…

確かに、大事なんでしょう…

特許。

正直、早くでも利用したいと考える我々にとっては、
誰がいち早く「見〜つけたっ!ips!」なんて言う争い
はどうでもいいのです。
しかしながら当然、様々な我々では理解出来ない世界
での特許を取ると言う事はとても大切なのでしょうが。

問題だなぁ…と感じるのは、そう言う事を報道するメ
ディアや関係する団体やその他が利権争いばかり優先
して、患者本人の存在を見ていないと感じる事です。
これも、先日読んだ記事なのですが、とあるテレビ局
の打ち合わせの中で、最近話題になった「余命数ヶ月
の花嫁」に続けと言う事で、会議中にテレビ局上役が
「死にそうなヤツ探して来い!」と言ったとか言わな
いとか…
本当のメディアのあり方って…と感じずにはいれませ
ん…

そんな中、日本ではないのですが、こんな情報を頂き
ましたので紹介します。

まだまだ先は長いなぁ〜と感じますが、少しずつでも
世界では進歩してるんです!

CNN NEWS
[PR]
by trykb-ts | 2009-01-24 21:35 | リハビリ…